ロングヘアの理想的な美容室の頻度とは?髪を美しく保つためのガイド

query_builder 2024/07/07
ブログ
美容室 ロング 頻度

ロングヘアを美しく保つためには、定期的な美容室の訪問が重要です。しかし、どのくらいの頻度で通うべきか迷う方も多いでしょう。髪の長さや質、生活習慣により、最適な頻度は異なりますが、一般的には6〜8週間に一度のトリミングが推奨されています。これは、髪のダメージを最小限に抑え、健康的な状態を保つためです。


また、ロングヘアは毛先が傷みやすいため、定期的なトリートメントや適切なヘアケア製品の使用も欠かせません。美容室でのカットやケアは、髪の美しさを維持するための基本ですので、自分の髪に合った頻度を見つけることが大切です。

美容室ならSUN

SUNでは、ヘアメイク・ネイル・まつげまで各分野のスペシャリストが全身ケアをご提供いたします。高い技術力を持つスタイリストがカット・カラー・パーマ・縮毛矯正など数あるメニューの中からお客様の髪のお悩みに合わせたヘアスタイルをご提案いたします。心地よいアロマの香りがする植物性オイルを使用したヘッドスパで心も体もリラックスさせる特別な体験をご提供いたします。上質なプライベート空間で、都会の喧騒を忘れさせるようなゆったりとした時間をお過ごしください。

SUN
店名 SUN
住所 〒108-0071東京都港区白金台5-13-14 白金台THE1000アネックス
電話 03-6455-6985

白金台店へ予約恵比寿店へ予約

はじめに

ロングヘアを美しく保つために

ロングヘアを美しく保つためには、日々のケアと定期的な美容室の訪問が重要です。


ロングヘアは、特に毛先が乾燥しやすく、ダメージを受けやすい特性があります。そのため、トリートメントやヘアオイルを使った保湿ケアが欠かせません。さらに、定期的に美容室でのトリミングを行うことで、枝毛や切れ毛を防ぎ、健康的な髪を維持することができます。一般的には、6〜8週間に一度のトリミングが推奨されていますが、髪質や生活スタイルによって最適な頻度は異なります。


また、ロングヘアを美しく保つためには、シャンプーとコンディショナーの選び方も重要です。髪に合った製品を選ぶことで、髪の健康を保ちやすくなります。ダメージヘア用のシャンプーや、保湿力の高いコンディショナーを使用することで、髪の潤いを保ち、ツヤのある髪を目指せます。さらに、ドライヤーやアイロンの熱から髪を守るために、ヒートプロテクトスプレーの使用もおすすめです。


加えて、食事や生活習慣も髪の健康に大きな影響を与えます。バランスの取れた食事を心がけ、ビタミンやミネラルを豊富に摂取することで、髪の成長をサポートします。十分な睡眠とストレスの管理も、髪の健康には欠かせません。


日々のケアに加えて、美容室でのプロフェッショナルなケアを受けることで、ロングヘアを美しく保つことができます。カットだけでなく、カラーリングやパーマのメンテナンスも定期的に行うことで、スタイルを長持ちさせることができます。美容師に相談して、自分に合ったケア方法や頻度を見つけることが、健康的で美しいロングヘアを維持するための鍵となります。


ロングヘアを美しく保つためには、日常のケアと定期的な美容室の訪問が欠かせません。適切なケアを続けることで、誰もが憧れる美しいロングヘアを手に入れることができます。


ロングヘアの特性とメンテナンスの重要性

ロングヘアはその美しさとエレガントさで多くの人に愛されていますが、その特性ゆえに特別なメンテナンスが必要です。


ロングヘアは髪の毛の長さが長いため、毛先が乾燥しやすく、ダメージを受けやすいという特性があります。そのため、毛先の保湿ケアが重要です。保湿には、トリートメントやヘアオイルの定期的な使用が効果的です。これにより、枝毛や切れ毛の発生を防ぎ、健康的な髪を維持することができます。


また、ロングヘアは髪の重さによって頭皮に負担がかかりやすいため、定期的なヘアカットが推奨されます。定期的にトリミングを行うことで、髪の健康を保ちつつ、スタイルを維持することができます。さらに、ヘアカットによって、髪の成長を促進し、より強く健康な髪を育てることができます。


シャンプーやコンディショナーの選び方も重要です。ロングヘアには、保湿力が高く、ダメージ補修効果のある製品が適しています。これにより、髪の潤いを保ち、ツヤやかで美しい髪を目指すことができます。また、ドライヤーやアイロンの使用時には、ヒートプロテクトスプレーを使用することで、熱によるダメージを最小限に抑えることができます。


さらに、ロングヘアを健康に保つためには、栄養バランスの取れた食事や十分な睡眠が欠かせません。ビタミンやミネラルを豊富に含む食事を心がけることで、髪の成長をサポートし、内側から健康な髪を育てることができます。また、ストレスを適切に管理することも、髪の健康に大きな影響を与えます。


日々のケアと定期的な美容室の訪問を組み合わせることで、ロングヘアを美しく保つことができます。プロフェッショナルなアドバイスを受けながら、自分に合ったケア方法を見つけることが大切です。これにより、健康で美しいロングヘアを長く楽しむことができます。


美容室の頻度とは、ロングヘアの場合

一般的な推奨頻度

美容室の訪問頻度は、髪の健康を維持し、スタイルを保つために重要です。一般的な推奨頻度として、ロングヘアの場合、6〜8週間に一度のトリミングが理想的とされています。この頻度でカットを行うことで、毛先のダメージを防ぎ、髪全体の健康を保つことができます。髪の成長サイクルや個々の髪質により多少の差はありますが、定期的なカットは枝毛や切れ毛の予防に役立ちます。


また、カラーリングやパーマを施している場合は、これらのメンテナンスも考慮に入れる必要があります。カラーリングの場合、リタッチのために4〜6週間に一度の訪問が一般的です。パーマは約2〜3ヶ月に一度の頻度で再施術することが推奨されます。これにより、カラーの色持ちやパーマのカールが持続し、美しい仕上がりを維持することができます。


日常のヘアケアも美容室の訪問頻度に影響します。適切なヘアケア製品の使用や正しい洗髪方法を実践することで、美容室の訪問間隔を延ばすことが可能です。例えば、保湿効果の高いシャンプーやコンディショナーを使うことで、髪の乾燥を防ぎ、健康を保つことができます。また、ドライヤーやヘアアイロンの使用時には、ヒートプロテクトスプレーを使用することが推奨されます。これにより、熱によるダメージを最小限に抑えることができます。


生活習慣も髪の健康に影響を与えます。栄養バランスの取れた食事や十分な睡眠を心がけることで、髪の成長をサポートし、健康な髪を育てることができます。ビタミンやミネラルを豊富に含む食品を摂取し、ストレスを適切に管理することも重要です。


ロングヘアを美しく保つためには、日常のケアと定期的な美容室の訪問が欠かせません。自分の髪質やライフスタイルに合ったケア方法と頻度を見つけることで、健康で美しい髪を維持することができます。


髪質による頻度の違い

髪質によって美容室の訪問頻度は異なります。細くて柔らかい髪はダメージを受けやすく、4〜6週間に一度のトリミングが推奨されます。これにより、枝毛や切れ毛を防ぎ、健康な状態を保つことができます。一方、太くてしっかりとした髪は比較的ダメージに強く、8〜10週間に一度のトリミングでも問題ありません。


クセ毛やウェーブヘアは、髪のまとまりを維持するために6〜8週間に一度のトリミングが適しています。髪質によっては、適切なヘアケア製品の選択も重要です。保湿力の高いシャンプーやコンディショナーを使用することで、髪の健康を保つことができます。どの髪質であっても、定期的なトリミングは健康で美しい髪を維持するために欠かせません。


ライフスタイルによる頻度の違い

ライフスタイルにより、美容室の訪問頻度は大きく変わります。アウトドア活動が多い人やスポーツを頻繁に行う人は、紫外線や汗による髪のダメージが蓄積しやすく、頻繁なトリミングやトリートメントが必要です。これに対し、オフィスワーク中心で屋内で過ごす時間が長い人は、外的なダメージが少ないため、訪問頻度を減らすことができます。


また、ヘアアイロンやドライヤーを日常的に使用する人は、熱によるダメージが蓄積しやすく、髪が傷みやすいです。このような場合、4〜6週間に一度のトリミングが推奨されます。一方、自然乾燥を主にしている人やヘアアイロンを使わない人は、髪へのダメージが少ないため、8〜10週間に一度のトリミングでも健康な状態を保てます。


さらに、食事や睡眠などの生活習慣も髪の健康に影響を与えます。栄養バランスの取れた食事を心がけ、ビタミンやミネラルを豊富に摂取することで、髪の成長をサポートします。十分な睡眠を取ることやストレスを適切に管理することも、髪の健康を維持するために重要です。ストレスが髪に与える影響は大きいため、リラックスする時間を設けることも大切です。


このように、ライフスタイルに合わせたケアを行うことで、美容室の訪問頻度を最適化することができます。自分の生活スタイルに合ったケア方法を見つけ、健康で美しい髪を維持するための適切な頻度を設定することが重要です。


ロングヘアのメンテナンス方法

トリミングとその効果

トリミングは髪の健康を維持するために欠かせないケア方法です。定期的なトリミングは、毛先のダメージを取り除き、枝毛や切れ毛を防ぐ効果があります。特に、髪が長いほど毛先のダメージが目立ちやすくなるため、6〜8週間に一度のトリミングが推奨されます。これにより、髪全体が健康でツヤのある状態を保てます。


また、トリミングは髪の成長を促進する効果も期待できます。傷んだ毛先をカットすることで、栄養が行き渡りやすくなり、より強く健康な髪が育ちます。さらに、トリミングを定期的に行うことで、髪の形が整い、スタイルを長く維持することができます。これにより、日々のスタイリングが楽になり、髪全体の見た目も向上します。


トリミングの効果を最大限に引き出すためには、自宅でのケアも重要です。保湿力の高いシャンプーやコンディショナーを使用し、髪を適切に保湿することで、トリミングの効果を持続させることができます。また、ドライヤーやアイロンを使用する際には、ヒートプロテクトスプレーを使用することで、熱によるダメージを防ぐことができます。これにより、トリミングの頻度を適切に保ちながら、美しい髪を維持することができます。


健康な髪を保つためには、バランスの取れた食事や十分な睡眠も欠かせません。栄養豊富な食事を心がけ、ビタミンやミネラルをしっかりと摂取することで、内側から髪の健康を支えることができます。トリミングと適切な日常ケアを組み合わせることで、髪の美しさを保ち、健康的な状態を維持することが可能です。


ヘアケア製品の選び方と使用法

ヘアケア製品を選ぶ際には、自分の髪質や髪の状態に合わせた製品を選ぶことが重要です。例えば、乾燥しがちな髪には保湿効果の高いシャンプーやコンディショナーが適しています。これにより、髪の水分バランスが保たれ、乾燥やパサつきを防ぐことができます。また、ダメージが気になる場合には、ダメージ補修効果のあるトリートメントやヘアマスクが効果的です。


使用法にも注意が必要です。シャンプーを使う際には、まず髪を十分に濡らし、シャンプーを手に取り、手のひらでよく泡立ててから髪全体に均等に広げます。頭皮をマッサージするように洗い、その後しっかりとすすぎます。コンディショナーは、髪の中間から毛先にかけてつけ、数分間放置した後、十分にすすぎます。これにより、髪の滑らかさとツヤが向上します。


トリートメントやヘアマスクは、週に1〜2回の使用が一般的です。シャンプー後、髪の水気を軽く取った状態で使用し、製品の指示に従って適切な時間放置します。その後、しっかりとすすいでください。これにより、髪の内部まで栄養が行き渡り、ダメージ補修が行われます。


また、ヘアオイルやセラムも効果的です。これらは、髪に潤いを与え、保護する役割があります。特に、ドライヤーやヘアアイロンを使用する前に適用することで、熱から髪を守り、ダメージを防ぐことができます。少量を手のひらに取り、髪の中間から毛先にかけてよくなじませると良いでしょう。


自分の髪質や髪の状態に最適な製品を選び、正しい使用法を守ることで、髪の健康を維持し、美しい髪を保つことができます。ヘアケアは日々の積み重ねが大切ですので、適切な製品と使用法を見つけて継続することが重要です。


ロングヘアにおすすめのヘアケア商品

ロングヘアを美しく保つためには、適切なヘアケア商品を使用することが重要です。


まず、保湿力の高いシャンプーとコンディショナーを選ぶことが推奨されます。これにより、髪の乾燥を防ぎ、健康的なツヤを維持できます。成分としては、アルガンオイルやシアバター、ヒアルロン酸などが含まれているものが効果的です。


次に、トリートメントやヘアマスクも欠かせません。これらは、週に1〜2回使用することで、髪の内部に栄養を補給し、ダメージ補修をサポートします。特に、ケラチンやコラーゲンを含む製品は、髪を強くしなやかに保つ効果があります。


さらに、ヘアオイルやセラムは、ロングヘアの保護に非常に役立ちます。これらは、髪の表面をコーティングし、外部からのダメージを防ぐだけでなく、髪に潤いを与えます。特に、アルガンオイルやホホバオイルを含む製品は、軽い仕上がりで髪に自然なツヤを与えます。


また、熱によるダメージを防ぐために、ヒートプロテクトスプレーの使用もおすすめです。これらは、ドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守り、ダメージを最小限に抑える効果があります。シリコンフリーの製品を選ぶと、髪に優しく、長期的な使用にも適しています。


紫外線から髪を守るために、UVカット機能のあるヘアスプレーやミストを使用することも考慮すると良いでしょう。これにより、日常の外出時にも髪を保護することができます。


これらのヘアケア商品を組み合わせて使用することで、ロングヘアを美しく健康的に保つことができます。適切な製品選びと正しい使用法を実践することで、髪のダメージを防ぎ、理想的なヘアスタイルを維持することができます。


頻繁に美容室に通うメリット

ダメージ予防と髪質改善

美容室で行われるダメージ予防と髪質改善の施術は、髪の健康を保ち、美しい仕上がりを実現するために重要です。


まず、一般的なダメージ予防として、トリートメントが挙げられます。これには、髪の内部に浸透し、保湿や栄養を補給する成分が含まれています。特に、ケラチンやコラーゲンを使用したトリートメントは、髪の強度を高め、ダメージを防ぐ効果があります。



次に、髪質改善のための施術としては、ヘアスパが効果的です。ヘアスパは、頭皮の健康を促進し、髪の根元からの改善を目指します。マッサージを伴うことで、血行が促進され、栄養が毛根に届きやすくなります。これにより、髪が健康に育ち、ツヤやかでしなやかな髪質が期待できます。


また、ダメージを受けやすい髪には、髪のダメージに働きかけるシャンプーやトリートメントが有効です。これらは、髪の内部にある結合を修復し、強化することで、ダメージを受けた部分を補修します。特に、カラーリングやパーマによるダメージが気になる場合におすすめです。


さらに、リラックスやストレートパーマといった化学処理を伴う施術も、髪質改善に役立ちます。これらの施術は、髪の形状を変えることで、まとまりやすく、扱いやすい髪にする効果があります。しかし、これらの施術は髪に負担がかかるため、専門家の指導のもとで適切に行うことが重要です。


髪質改善を目指す際には、定期的なカットも欠かせません。ダメージ部分を取り除き、髪の健康を維持するためには、6〜8週間に一度のカットが推奨されます。これにより、枝毛や切れ毛を防ぎ、全体的な髪の美しさを保つことができます。


ホームケアも重要です。美容室での施術を持続させるためには、自宅での適切なケアが必要です。保湿力の高いシャンプーやコンディショナーを使用し、ドライヤーやアイロンの使用時には、ヒートプロテクトスプレーを活用することで、髪のダメージを最小限に抑えることができます。


美容室でのダメージ予防と髪質改善の施術を受けることで、健康で美しい髪を保つことが可能です。定期的なケアと専門的なアドバイスを受けながら、自分に最適な施術を選びましょう。


カラーやパーマの持ちを良くする方法

カラーやパーマの持ちを良くするためには、いくつかの重要なポイントがあります。まず、カラーリングやパーマを施術した直後は、少なくとも48時間は髪を洗わないことが推奨されます。これは、カラーやパーマが髪にしっかりと定着するための時間が必要だからです。


また、シャンプーの選び方にも注意が必要です。カラーリング後は、カラーセーフシャンプーを使用することで色持ちが良くなります。これらのシャンプーは、色落ちを防ぎ、髪を健康に保つ成分が含まれています。パーマの場合も、保湿力の高いシャンプーを使用することで、カールの持ちを良くする効果があります。


さらに、コンディショナーやトリートメントの使用も重要です。カラーリングやパーマは髪に負担がかかるため、しっかりと保湿し、髪のダメージを補修することが必要です。週に一度は、深いトリートメントを行うことで、髪の健康を維持し、スタイルを長持ちさせることができます。


また、熱によるダメージを防ぐために、ドライヤーやヘアアイロンの使用前には、ヒートプロテクトスプレーを必ず使用しましょう。これにより、熱から髪を守り、カラーやパーマの持ちを良くすることができます。


日常のヘアケアとしては、紫外線から髪を守るために、UVカット効果のあるヘアスプレーを使用することも効果的です。紫外線は髪の色を褪せさせ、ダメージを与える原因となるため、外出時には特に注意が必要です。


さらに、ブラッシングの方法にも気をつけることが大切です。濡れた髪をブラッシングする際は、目の粗いコームを使用し、優しくとかすことで、髪のダメージを最小限に抑えることができます。強く引っ張ると、カラーやパーマが劣化する原因となります。


食事や生活習慣も髪の健康に影響を与えます。バランスの取れた食事を心がけ、ビタミンやミネラルを豊富に摂取することで、髪の健康を内側から支えることができます。十分な睡眠を取ることや、ストレスを適切に管理することも、髪の健康を維持するために重要です。


これらのポイントを意識してケアを行うことで、カラーやパーマの持ちを良くし、美しい髪を長く楽しむことができます。


美容室の頻度を減らす方法

自宅でできる簡単なヘアケア

自宅でできるヘアケアは、日常のケアを丁寧に行うことで髪の健康を維持し、美しい髪を保つことができます。まず、シャンプーの選び方から始めましょう。自分の髪質や悩みに合ったシャンプーを選ぶことが重要です。例えば、乾燥が気になる方は保湿力の高いシャンプーを、ダメージが気になる方は補修効果のあるシャンプーを使用すると良いでしょう。


シャンプーの使用方法にも注意が必要です。髪を十分に濡らしてからシャンプーを手に取り、手のひらでよく泡立ててから髪全体に均等に広げます。頭皮をマッサージするように洗い、その後しっかりとすすぎます。コンディショナーは、髪の中間から毛先にかけてつけ、数分間放置した後、十分にすすぎます。これにより、髪の滑らかさとツヤが向上します。


トリートメントやヘアマスクも定期的に使用することが推奨されます。週に一度、シャンプー後の髪にトリートメントを塗布し、適切な時間放置します。その後、しっかりとすすいでください。これにより、髪の内部に栄養が行き渡り、ダメージ補修が行われます。


ドライヤーを使用する際には、まずタオルで髪の水分を軽く取ります。その後、ドライヤーを使う前にヒートプロテクトスプレーを髪に吹きかけることで、熱から髪を守ることができます。ドライヤーは髪から20センチ程度離し、根元から毛先に向かって乾かすと良いでしょう。


ヘアオイルやセラムも効果的です。これらは髪に潤いを与え、保護する役割があります。特に乾燥しやすい毛先に重点的に使用すると、髪全体が滑らかでツヤやかになります。少量を手のひらに取り、髪の中間から毛先にかけてよくなじませると良いでしょう。


紫外線対策も忘れずに行いましょう。外出時にはUVカット効果のあるヘアスプレーやミストを使用することで、紫外線から髪を守り、ダメージを防ぐことができます。特に夏場やアウトドアでの活動が多い時期には効果的です。


また、食事や生活習慣も髪の健康に影響を与えます。バランスの取れた食事を心がけ、ビタミンやミネラルを豊富に摂取することで、髪の成長を内側からサポートします。十分な睡眠を取ることや、ストレスを適切に管理することも、髪の健康を維持するために重要です。


これらの自宅でできるヘアケア方法を実践することで、健康で美しい髪を維持することができます。適切な製品を選び、正しい使用方法を守ることで、髪のダメージを防ぎ、理想的なヘアスタイルを楽しむことができます。


定期的なトリートメントの重要性

定期的なトリートメントは、髪の健康を維持するために欠かせないケアです。トリートメントは、髪の内部に栄養を補給し、ダメージを補修する効果があります。髪は日々の紫外線、熱、化学処理などでダメージを受けやすいため、これらを補うためには定期的なケアが必要です。


まず、トリートメントは髪の乾燥を防ぎ、保湿効果を高めます。髪が乾燥すると、枝毛や切れ毛が増え、全体的に見た目が悪くなります。トリートメントを定期的に行うことで、髪の潤いを保ち、滑らかでツヤのある髪を維持することができます。


また、トリートメントには髪の強度を高める効果もあります。髪は外部からのダメージを受けることで、内部の結合が切れたり弱くなったりします。トリートメントはこれらの結合を修復し、髪の強度を取り戻すのに役立ちます。特に、ケラチンやコラーゲンを含むトリートメントは、髪の内部から補修し、強度を高める効果があります。


さらに、トリートメントは髪の色持ちを良くする効果もあります。カラーリングした髪は、時間が経つと色が褪せやすくなりますが、トリートメントを行うことで色持ちが良くなり、鮮やかなカラーを長く楽しむことができます。


トリートメントの頻度は、髪の状態やダメージの程度によりますが、一般的には週に1〜2回が推奨されます。特に、ダメージが気になる部分には重点的に行うと良いでしょう。トリートメントを行う際は、シャンプー後の髪に適量を塗布し、適切な時間放置してからしっかりとすすぐことが重要です。


また、自宅でのトリートメントに加えて、定期的に美容室でプロフェッショナルなトリートメントを受けることも効果的です。美容室では、より高度な技術と製品を使用してトリートメントを行うため、髪の健康を維持しやすくなります。


トリートメントは、髪の健康を保つために欠かせないケアの一つです。定期的に行うことで、ダメージを防ぎ、美しい髪を維持することができます。適切な製品を選び、正しい方法で行うことで、その効果を最大限に引き出すことができるでしょう。


まとめ

ロングヘアを健康に保つためには、定期的な美容室の訪問が重要です。最適な頻度は個々の髪質や生活スタイルによって異なりますが、一般的には6〜8週間に一度のトリミングが推奨されます。これは、毛先のダメージを防ぎ、健康的な髪を維持するためです。また、カラーリングやパーマをしている場合は、そのメンテナンスも考慮に入れる必要があります。カラーリングは4〜6週間に一度、パーマは2〜3ヶ月に一度の頻度が理想的です。


髪質による頻度の違いについても考慮が必要です。細くて柔らかい髪はダメージを受けやすいため、より頻繁なトリミングが必要です。一方、太くてしっかりとした髪は比較的ダメージに強く、トリミングの間隔を少し延ばすことができます。クセ毛やウェーブヘアの場合、髪のまとまりを保つために6〜8週間に一度のトリミングが適しています。


ライフスタイルも美容室の訪問頻度に影響を与えます。アウトドア活動が多い人やスポーツを頻繁に行う人は、紫外線や汗によるダメージが蓄積しやすいため、定期的なケアが必要です。逆に、オフィスワーク中心の生活を送る人は、外的なダメージが少ないため、訪問頻度を減らすことができます。さらに、ヘアアイロンやドライヤーの使用頻度も考慮する必要があります。これらを多用する人は、熱によるダメージが蓄積しやすいため、頻繁なトリミングが推奨されます。


自宅でのヘアケアも重要です。保湿力の高いシャンプーやコンディショナーを使用し、定期的なトリートメントを行うことで、髪の健康を維持できます。特に、ダメージが気になる部分には重点的にケアを行うことが大切です。ドライヤーやヘアアイロンの使用前には、ヒートプロテクトスプレーを使用することで、熱から髪を守ることができます。また、紫外線対策も忘れずに行いましょう。


食事や生活習慣も髪の健康に影響を与えます。バランスの取れた食事を心がけ、ビタミンやミネラルを豊富に摂取することで、髪の成長を内側からサポートします。十分な睡眠を取ることや、ストレスを適切に管理することも、健康な髪を維持するために重要です。


以上のように、各自の髪質と生活に合わせた頻度で美容室を訪問することで、ロングヘアを健康で美しく保つことができます。定期的なケアを続けることで、誰もが憧れる美しいロングヘアを手に入れることができるでしょう。

美容室ならSUN

SUNでは、ヘアメイク・ネイル・まつげまで各分野のスペシャリストが全身ケアをご提供いたします。高い技術力を持つスタイリストがカット・カラー・パーマ・縮毛矯正など数あるメニューの中からお客様の髪のお悩みに合わせたヘアスタイルをご提案いたします。心地よいアロマの香りがする植物性オイルを使用したヘッドスパで心も体もリラックスさせる特別な体験をご提供いたします。上質なプライベート空間で、都会の喧騒を忘れさせるようなゆったりとした時間をお過ごしください。

SUN
店名 SUN
住所 〒108-0071東京都港区白金台5-13-14 白金台THE1000アネックス
電話 03-6455-6985

白金台店へ予約 恵比寿店へ予約

店舗概要

店舗名・・・SUN

所在地・・・〒108-0071 東京都港区白金台5-13-14白金台THE1000アネックス

電話番号・・・03-6455-6985

NEW

  • 目黒駅で美容室を探す方法!失敗しない選び方とおすすめサロン

    query_builder 2024/07/24
  • 美容室におけるハイライトとは?魅力や施術方法を解説

    query_builder 2024/07/18
  • 失敗しない美容室のオーダー方法!美容師に伝えるコツを徹底解説

    query_builder 2024/07/12
  • ロングヘアの理想的な美容室の頻度とは?髪を美しく保つためのガイド

    query_builder 2024/07/07
  • 白金台駅で受ける美容室トリートメントの効果と、おすすめのケア方法

    query_builder 2024/06/30

CATEGORY

ARCHIVE