美容室でのブリーチにかかる時間とは?カラーリングの流れとポイント

query_builder 2024/06/06
ブログ
美容室 ブリーチ 時間

美容室でのブリーチは、多くの人が憧れる明るい髪色を手に入れるための重要なステップです。ブリーチをすることで、髪の色素を抜き、希望するヘアカラーをより鮮やかに発色させることができます。しかし、ブリーチは髪に大きな負担をかけるため、その時間や方法についてしっかりと理解しておくことが大切です。


私自身も初めてブリーチを経験したとき、その工程やかかる時間について事前に知識を持っていたことで、スムーズに施術を受けることができました。ブリーチには準備時間を含めたトータルの所要時間がかかるため、予定を立てる際にはその点を考慮する必要があります。 また、ブリーチ後の髪の状態や、どのようなケアが必要になるかも重要なポイントです。ブリーチは髪の内部に影響を与えるため、その後のケアが不十分だと、髪が傷んでしまうことがあります。


専門的な知識を持った美容師さんと相談しながら、自分の髪質や希望するスタイルに合った方法を選ぶことが成功のカギとなります。 ブリーチにかかる時間や施術の流れについて知っておくことで、不安を解消し、安心して施術を受けることができます。この記事では、美容室でのブリーチに関する基本的な情報と、施術の流れや時間の目安について詳しく解説していきます。

美容室ならSUN

SUNでは、ヘアメイク・ネイル・まつげまで各分野のスペシャリストが全身ケアをご提供いたします。高い技術力を持つスタイリストがカット・カラー・パーマ・縮毛矯正など数あるメニューの中からお客様の髪のお悩みに合わせたヘアスタイルをご提案いたします。心地よいアロマの香りがする植物性オイルを使用したヘッドスパで心も体もリラックスさせる特別な体験をご提供いたします。上質なプライベート空間で、都会の喧騒を忘れさせるようなゆったりとした時間をお過ごしください。

SUN
店名 SUN
住所 〒108-0071東京都港区白金台5-13-14 白金台THE1000アネックス
電話 03-6455-6985

白金台店へ予約恵比寿店へ予約

ブリーチとは何か?

ブリーチの基本的な説明

ブリーチは、髪の色を明るくするための化学的な処理方法です。具体的には、髪の内部にあるメラニン色素を分解することで、自然な髪色を取り除きます。これにより、染める前の準備として髪を明るくすることができ、後に希望するカラーがより鮮やかに発色するようになります。 ブリーチの主成分は過酸化水素です。この成分が髪のキューティクルを開き、内部に浸透してメラニンを分解します。過酸化水素の濃度や使用する時間によって、明るさの程度を調整することが可能です。


ブリーチのプロセスは通常二段階で行われ、まず髪を開いて色素を分解し、その後に髪を再び閉じることで施術が完了します。 ブリーチは強力な化学反応を伴うため、髪に与える影響も大きいです。施術後の髪はキューティクルが開いた状態になりやすく、ダメージを受けやすいです。そのため、ブリーチを行った後には適切なケアが欠かせません。トリートメントや保湿ケアをしっかり行い、髪を健康な状態に保つことが重要です。


美容師はお客様の髪質や希望するカラーに応じて、最適なブリーチの方法を選びます。髪の状態や太さ、過去の化学処理歴などを考慮して、ブリーチの強さや時間を調整します。例えば、髪が細くてデリケートな場合には、低濃度の過酸化水素を使い、時間をかけてゆっくりと色を抜く方法が取られます。 また、ブリーチを行う際には、事前のカウンセリングが重要です。希望する髪色やスタイルを明確に伝えることで、美容師は最適なプランを立てることができます。


ブリーチは一度に多くの色素を抜くため、数回に分けて行うこともあります。そのため、時間や費用、施術後のケアについてもしっかりと相談しておくことが大切です。 ブリーチは魅力的な髪色を手に入れるための有効な手段ですが、髪への影響も大きいので、慎重に行う必要があります。美容師の専門的なアドバイスを受けながら、健康な髪を保つためのケアをしっかりと行いましょう。


ブリーチが必要な理由

ブリーチが必要な理由は、希望する髪色を鮮やかに発色させるためです。 特に明るい色や鮮やかなトーンのヘアカラーを実現するためには、元の髪色を脱色する必要があります。髪の自然な色素であるメラニンは、暗い色から明るい色に変えるために取り除かれる必要があります。ブリーチはこのプロセスを可能にし、後に塗布するヘアカラーがしっかりと発色する土台を作ります。 暗い色の髪に直接カラーリングを施しても、希望する明るい色やパステルカラーはほとんど表現できません。


例えば、黒髪や茶髪にブルーやピンクといった明るい色を入れたい場合、ブリーチを行わないと色が見えにくくなります。このため、ブリーチをして髪の色素を抜くことで、鮮やかなカラーが可能になります。 また、ブリーチはグラデーションカラーやインナーカラーなど、複雑なカラーデザインを実現するためにも必要です。ブリーチによって髪の一部分を明るくすることで、他の部分とのコントラストを際立たせることができます。これにより、立体感や深みのあるヘアスタイルが完成します。


ブリーチは髪の色を明るくするだけでなく、カラーデザインの幅を広げる役割も果たします。特に個性的なヘアスタイルを求める方にとっては、ブリーチが不可欠なプロセスとなります。鮮やかな色を求める場合、ブリーチを施してからカラーリングをすることで、理想の髪色を実現できます。 美容師はお客様の希望するスタイルや髪質に合わせて、適切なブリーチ方法を提案します。髪へのダメージを最小限に抑えるために、適切なケア方法や使用する薬剤の選定が重要です。ブリーチを行うことで髪に負担がかかるため、その後のケアも重要です。


トリートメントや保湿をしっかり行い、健康な髪を保つことが求められます。 このように、ブリーチは希望するカラーを実現するために欠かせないプロセスであり、美容師の技術と適切なケアが必要です。ブリーチによって得られる美しい髪色は、正しい手順とケアによって初めて実現されます。


ブリーチにかかる時間の目安

平均的な所要時間

美容室でのブリーチにかかる平均的な所要時間は、施術の内容や髪の状態によって異なりますが、おおよそ2時間から4時間程度とされています。この時間には、カウンセリング、準備、実際のブリーチ作業、洗い流し、後処理などすべての工程が含まれます。 まず、カウンセリングの時間が必要です。美容師はお客様の希望する髪色やスタイルを詳しく聞き、髪の状態を確認します。これにより、最適なブリーチ方法や薬剤の選定が行われます。カウンセリングには15分から30分程度かかることが一般的です。


次に、実際のブリーチ施術に入ります。ブリーチ剤を髪全体に均一に塗布し、髪の色素を分解していきます。このプロセスには時間がかかり、髪の量や長さ、太さによっても異なりますが、一般的には30分から1時間程度かかります。特に髪が長い場合やボリュームが多い場合は、さらに時間がかかることがあります。 ブリーチ剤が髪に浸透し、色素を分解するのに必要な時間も考慮する必要があります。髪の色素を完全に分解するためには、放置時間が必要です。この放置時間は髪の色素量や希望する明るさによって異なりますが、通常30分から1時間程度が一般的です。


この間、美容師は髪の状態を定期的にチェックし、必要に応じて時間を調整します。 ブリーチが完了したら、洗い流しと後処理が行われます。髪に残ったブリーチ剤をしっかりと洗い流し、髪を整えます。このプロセスには15分から30分程度かかります。洗い流しの後には、トリートメントや保湿ケアが行われ、髪のダメージを最小限に抑える努力がなされます。


全体の仕上がりを確認し、必要に応じて追加のカラーリングやカットが行われます。これにより、希望するスタイルが完成します。以上の工程をすべて含めると、ブリーチ施術には平均して2時間から4時間がかかります。 このように、美容室でのブリーチ施術には多くの工程と時間が必要です。時間をかけて丁寧に行うことで、理想的な髪色を実現することができます。


時間が変わる要因

ブリーチにかかる時間は様々な要因によって変わります。これらの要因を理解することで、ブリーチ施術の計画を立てやすくなります。 まず、髪の長さと量が大きな影響を与えます。髪が長くてボリュームが多い場合、ブリーチ剤を均一に塗布するために時間がかかります。塗布後の待ち時間も、髪全体に均等にブリーチが行き渡るようにするために長くなることがあります。一方、ショートヘアや髪の量が少ない場合は、比較的短時間で済むことが多いです。 次に、髪の状態も重要です。


過去に染めたりパーマをかけたりしている髪は、健康な髪に比べてブリーチの浸透が遅くなることがあります。また、髪質が太くて硬い場合は、ブリーチ剤が浸透しにくいため、通常よりも長い時間が必要です。逆に、細くて柔らかい髪はブリーチが早く進む傾向があります。 希望する髪色の明るさも時間に影響を与えます。非常に明るい色やパステルカラーを目指す場合、髪の色素を完全に抜く必要があるため、通常よりも長いブリーチ時間が必要です。また、濃い色を明るくするためには、何度かに分けてブリーチを行うことが一般的です。このプロセスには追加の時間を要します。


さらに、ブリーチ剤の種類や強さも時間に関係します。高濃度のブリーチ剤を使用すれば短時間で色素を抜くことができますが、髪へのダメージが大きくなります。そのため、美容師は髪の状態を見ながら適切な濃度のブリーチ剤を選び、必要に応じて時間を調整します。安全に配慮し、髪への負担を減らすためには、低濃度のブリーチ剤を長時間かけて使用することもあります。 ブリーチ中の環境も影響を与えます。例えば、室温が低い場合、ブリーチの化学反応が遅くなるため、通常よりも時間がかかることがあります。


美容室の環境を適切に管理することも、ブリーチ時間を短縮するために重要です。 このように、ブリーチにかかる時間は髪の長さ、量、状態、希望する髪色、使用するブリーチ剤、環境など多くの要因によって変わります。美容師と事前にしっかり相談し、これらの要因を考慮して施術時間を見積もることが大切です。


美容室でのブリーチ施術の流れ

カウンセリングと事前準備

カウンセリングと事前準備は、美容室でのブリーチ施術の成功にとって非常に重要です。カウンセリングでは、まずお客様の希望する髪色やスタイルを詳しく聞き出します。この段階でお客様のイメージを共有し、美容師は最適な施術方法を提案します。具体的には、希望する色味や明るさ、髪質や過去の施術履歴を考慮して、ブリーチの強さや時間を決めます。 美容師はお客様の髪の状態を確認し、適切なアドバイスを行います。例えば、髪が既にダメージを受けている場合、ブリーチの強度を調整し、髪への負担を最小限に抑える方法を提案します。


また、過去にカラーリングやパーマを行ったことがある髪は、ブリーチの反応が異なるため、その点も考慮に入れます。 カウンセリングの後には、事前準備が始まります。まず、髪を清潔にするためにシャンプーを行います。これは、髪に残っているスタイリング剤や油分を取り除き、ブリーチ剤が均一に浸透しやすくするためです。シャンプー後には、髪をしっかりと乾かし、ブリーチ剤の塗布が均等に行われるようにします。 次に、髪をセクションに分けてクリップなどで固定します。これにより、ブリーチ剤をムラなく塗布することができます。


特に長い髪やボリュームのある髪の場合、このセクション分けが非常に重要です。均等にブリーチを施すことで、仕上がりが美しくなります。 また、頭皮や髪に対する保護も事前準備の一環です。頭皮に直接ブリーチ剤が付かないように、保護クリームを塗ることがあります。これにより、頭皮の炎症やかゆみを防ぎます。さらに、髪のダメージを最小限に抑えるために、事前にトリートメントを行うこともあります。


これにより、髪のキューティクルを保護し、ブリーチのダメージを軽減することができます。 以上のようなカウンセリングと事前準備を経て、ブリーチ施術が開始されます。これらのステップを丁寧に行うことで、お客様が希望する髪色を実現しつつ、髪や頭皮への負担を減らすことが可能です。美容師の専門知識と経験が、このプロセス全体の成功を支えています。


実際のブリーチ施術のステップ

実際のブリーチ施術のステップは、複数の工程に分かれています。まず初めに、ブリーチ剤の調合があります。美容師はお客様の髪質や希望する明るさに応じて、適切な割合でブリーチ剤と過酸化水素を混ぜ合わせます。これにより、髪への負担を最小限に抑えつつ、効果的な脱色が可能となります。 次に、髪全体をセクションに分け、ブリーチ剤を均等に塗布していきます。髪を細かく分けることで、ブリーチ剤がムラなく行き渡り、均一な色抜きが実現します。


特に根元や毛先の部分は、髪の厚さや状態によって異なる反応を示すため、細心の注意が必要です。 塗布が完了した後は、放置時間が始まります。ブリーチ剤が髪の色素を分解するためには一定の時間が必要です。この時間はお客様の髪質や希望する明るさによって異なりますが、通常は30分から1時間程度です。放置時間中は、美容師が定期的に髪の状態をチェックし、必要に応じて時間を調整します。これにより、過度なダメージを防ぎつつ、目指す色に近づけることができます。


ブリーチが適切に行われたら、髪を洗い流します。ここで重要なのは、ブリーチ剤を完全に除去することです。残留物があると、後のカラーリングに影響を与える可能性があるため、しっかりと洗浄します。洗い流した後には、髪にトリートメントを施し、ダメージをケアします。このトリートメントは、髪の内部に栄養を与え、ブリーチによる乾燥やダメージを補修する役割があります。 髪を乾かして仕上げます。この段階では、髪の色が均一に抜けているかを確認し、必要に応じて微調整を行います。


ブリーチ後の髪は非常にデリケートな状態にあるため、美容師は丁寧に扱い、髪の健康を保つためのアドバイスを提供します。 以上のステップを経て、ブリーチ施術は完了します。美容師の専門知識と技術が必要不可欠であり、お客様の希望するスタイルを実現するために、細部にわたる配慮が行われます。ブリーチは髪に負担がかかるため、アフターケアも含めて総合的なサポートが求められます。


ブリーチ後のヘアカラーリング

ブリーチ後のカラーリングの種類

ブリーチ後のカラーリングには、さまざまな種類があり、個々の好みやトレンドに応じて選ぶことができます。まず、代表的なものとして「オンカラー」があります。ブリーチで髪の色素を抜いた後、希望する色を直接髪に染める方法です。これにより、鮮やかな発色と深みのある色合いが実現します。オンカラーは、特にパステルカラーやビビッドカラーを求める方に人気があります。 次に、「グラデーションカラー」があります。これは、根元から毛先にかけて徐々に色が変わるスタイルです。ブリーチで毛先を明るくし、その上に異なる色を重ねることで自然なグラデーションを作り出します。


グラデーションカラーは、ナチュラルな見た目と個性的なスタイルを両立できるため、多くの方に支持されています。 「バレイヤージュ」もブリーチ後のカラーリングの一種です。バレイヤージュは、フランス語で「ほうきで掃く」という意味で、髪に自然なハイライトを入れる技法です。ブリーチで部分的に明るくした後、自然な陰影をつけるためにカラーを施します。この方法は、手間をかけずに立体感と動きを加えたい方に最適です。 さらに、「インナーカラー」という方法もあります。


髪の内側をブリーチしてから色を入れることで、外側の髪と異なる色を楽しむことができます。インナーカラーは、普段のヘアスタイルにアクセントを加えたい方や、さりげなく個性を表現したい方に向いています。 「ダブルカラー」も多く用いられる技法です。これは、まずブリーチで髪を明るくしてから、さらに別の色でカラーリングする方法です。ダブルカラーにより、通常では表現できない鮮やかな色合いや複雑なトーンを実現することができます。特に、鮮やかなブルーやピンクなど、明るい色を求める方に人気です。


「トーンダウンカラー」もあります。ブリーチで明るくした髪を一度暗い色に戻す方法です。これにより、ブリーチ後の髪に落ち着いた色合いを加えることができます。トーンダウンカラーは、髪のダメージを最小限に抑えつつ、自然な見た目を維持したい方におすすめです。 このように、ブリーチ後のカラーリングには多様な選択肢があり、それぞれの方法が持つ特徴を理解することで、理想のヘアスタイルを実現することができます。美容師と相談しながら、自分に合ったカラーリング方法を選ぶことが大切です。


人気のヘアカラーデザイン

人気のヘアカラーデザインは年々変化していますが、現在特に注目されているスタイルをいくつか紹介します。まず、「バレイヤージュ」があります。この技法は自然なグラデーションを作り出し、日差しを浴びたような立体感を髪に与えます。バレイヤージュは手間がかからず、根元が伸びても目立ちにくいため、忙しい方にも人気があります。 次に、「オンブレ」があります。これは、グラデーションの一種で、根元から毛先にかけて色が変わるスタイルです。特に、ダークからライトへの色の移行が特徴的で、ダイナミックな印象を与えます。


オムブレは明るい色から暗い色まで幅広いカラーパレットを使用できるため、個性的なスタイルを求める方に適しています。 「パステルカラー」も人気の一つです。ピンク、ラベンダー、ミントグリーンなどの柔らかい色合いは、髪に華やかさと遊び心を加えます。これらの色は特に春や夏に人気が高く、フェスティバルやイベントでのアピールポイントになります。パステルカラーを取り入れることで、個性的で柔らかな印象を与えることができます。


「アッシュカラー」も多くの人々に愛されています。アッシュブラウンやアッシュグレーなど、落ち着いたトーンの色は、洗練された印象を与えます。特に、アッシュ系の色は肌のトーンを引き立て、顔色を明るく見せる効果があります。これらの色は季節を問わず人気があり、どんなシーンにも適応します。 また、「ハイライト」も根強い人気を誇っています。ハイライトは髪に動きと立体感を加えるため、シンプルなカットでも華やかな印象を与えることができます。部分的に明るい色を入れることで、髪全体が軽やかに見える効果があります。


特に、自然な仕上がりを求める方にとって、ハイライトは最適な選択です。 「インナーカラー」も多くの人々に選ばれています。髪の内側に異なる色を入れることで、動いた時にチラリと見える色のコントラストが魅力です。インナーカラーは、派手な色を入れたいけれど全体に入れるのは抵抗があるという方におすすめです。 これらのヘアカラーデザインは、それぞれ異なる魅力を持ち、個々のスタイルに合わせた選択が可能です。美容師と相談しながら、自分に最も合ったデザインを見つけることが重要です。


ブリーチのメリットとデメリット

メリット:色の発色やトーンの幅広さ

ブリーチの大きなメリットは、色の発色やトーンの幅広さです。ブリーチを行うことで、髪のメラニン色素を取り除き、明るいベースを作ることができます。これにより、通常のカラーリングでは実現できない鮮やかな色合いや明るいトーンが可能になります。 まず、ブリーチを施した髪は、カラーダイをより鮮明に発色させます。例えば、ブルーやピンク、パープルなどのビビッドなカラーは、ブリーチを施したベースでこそ、その鮮やかさを最大限に引き出すことができます。通常の髪色では難しいパステルカラーも、ブリーチによって実現可能になります。


これにより、多様なカラーバリエーションを楽しむことができ、自分だけの個性的なスタイルを作り出せます。 さらに、ブリーチはトーンの幅も提供します。髪を明るくすることで、同じ色でも異なるトーンを表現することができます。例えば、アッシュ系のカラーでも、ブリーチの度合いによってシルバーに近いアッシュや、よりナチュラルなアッシュブラウンなど、細かなニュアンスを調整することが可能です。


これにより、自分の肌の色やライフスタイルに合わせた、最適な色味を選ぶことができます。 ブリーチはまた、複雑なカラーデザインを可能にします。グラデーションやバレイヤージュ、インナーカラーなど、複数の色を組み合わせたスタイルは、ブリーチによってその魅力を最大限に引き出せます。特に、ブリーチを施した部分に鮮やかな色を重ねることで、立体感や動きのあるヘアスタイルを実現できます。 ブリーチによるカラーリングは、髪のデザインの自由度を大幅に高めます。


美容師は、お客様の希望に合わせてブリーチの強度や施術箇所を調整し、多彩なカラーバリエーションを提供します。ブリーチを利用することで、ヘアスタイルの幅が広がり、個々の個性をより一層引き立てることができます。 このように、ブリーチは色の発色やトーンの幅広さを実現するために欠かせない技術です。美容師と相談しながら、自分に最適なカラーリングを見つけることで、理想の髪色を手に入れることができます。


デメリット:髪へのダメージやケアの必要性

ブリーチのデメリットとしてまず挙げられるのは、髪へのダメージです。ブリーチは髪の内部のメラニン色素を分解するために強力な薬剤を使用します。これにより、髪のキューティクルが開き、内部の構造が損傷を受けることがあります。その結果、髪は乾燥しやすく、切れやすくなることがあります。また、髪の質感がゴワゴワしたり、ツヤが失われたりすることもあります。 さらに、ブリーチを繰り返すことで、髪のダメージは累積していきます。一度ブリーチを施した髪は、次回の施術時にさらにダメージを受けやすくなります。


そのため、定期的にブリーチを行う場合は、特に慎重にケアを行う必要があります。 ブリーチ後のケアは非常に重要です。まず、保湿が欠かせません。ブリーチによって乾燥しやすくなった髪には、しっかりとした保湿ケアが必要です。トリートメントやヘアマスクを定期的に使用することで、髪の内部に栄養を補給し、潤いを保つことができます。また、髪の外側を保護するために、オイルやセラムを使うことも有効です。


もう一つの重要なケアは、髪の強度を保つことです。プロテインが含まれたヘアケア製品を使用することで、髪の内部構造を強化し、ダメージを軽減することができます。また、シャンプーやコンディショナーは、髪に優しい成分を含んだものを選ぶと良いでしょう。過度な洗浄は避け、優しく髪を扱うことが求められます。 熱によるスタイリングも、ブリーチ後の髪には大きな負担となります。ヘアアイロンやドライヤーの使用を控えるか、熱から髪を守るためのプロテクターを使用することが重要です。これにより、髪の乾燥や損傷を最小限に抑えることができます。


定期的なプロのケアを受けることもおすすめです。美容師によるトリートメントやカットを通じて、ダメージを受けた部分を適切にケアし、健康な髪を保つことができます。 ブリーチは理想的なカラーリングを実現するための強力な手段ですが、その反面、髪に与えるダメージも無視できません。適切なケアと美容師のサポートを受けながら、健康な髪を維持することが大切です。


まとめ

ブリーチを通じて鮮やかなカラーリングを楽しむことは、多くの人々にとって魅力的な選択肢です。ブリーチの利点として、鮮やかな発色や幅広いトーンの調整が可能となり、自分だけの個性的なヘアスタイルを実現することができます。しかし、同時に髪へのダメージというデメリットも存在します。このダメージを最小限に抑え、健康な髪を維持するためには、適切なケアが欠かせません。


まず、ブリーチを行う前に、しっかりとしたカウンセリングと事前準備を行うことが重要です。美容師と十分に相談し、自分の髪質や希望するスタイルに最適な方法を見つけることが成功の鍵です。施術中も美容師が髪の状態をチェックしながら進めることで、過度なダメージを防ぐことができます。 ブリーチ後のケアは、日常のルーティンに取り入れるべき重要な要素です。


保湿やプロテイン補給を中心としたケア製品を使用し、髪の内部と外部の両方からダメージを補修します。また、熱によるスタイリングを控えるか、保護プロダクトを使用することで、髪の健康を守ることができます。 さらに、定期的にプロのケアを受けることも推奨されています。美容師によるトリートメントやカットは、自宅でのケアでは補いきれない部分を補修し、髪の美しさと健康を維持する手助けとなります。これにより、長期的に見ても美しい髪色を楽しむことができるでしょう。


ブリーチは確かに髪に負担をかけるプロセスですが、正しい方法とケアを行うことで、そのリスクを大幅に軽減することができます。自分の理想のヘアカラーを手に入れるためには、美容師とのコミュニケーションを密にし、適切なアドバイスを受けながら進めることが大切です。美しい髪色を楽しむために、日々のケアを怠らず、大切な髪をしっかりと守りましょう。

美容室ならSUN

SUNでは、ヘアメイク・ネイル・まつげまで各分野のスペシャリストが全身ケアをご提供いたします。高い技術力を持つスタイリストがカット・カラー・パーマ・縮毛矯正など数あるメニューの中からお客様の髪のお悩みに合わせたヘアスタイルをご提案いたします。心地よいアロマの香りがする植物性オイルを使用したヘッドスパで心も体もリラックスさせる特別な体験をご提供いたします。上質なプライベート空間で、都会の喧騒を忘れさせるようなゆったりとした時間をお過ごしください。

SUN
店名 SUN
住所 〒108-0071東京都港区白金台5-13-14 白金台THE1000アネックス
電話 03-6455-6985

白金台店へ予約恵比寿店へ予約

店舗概要

会社名・・・SUN

所在地・・・〒108-0071 東京都港区白金台5-13-14白金台THE1000アネックス

電話番号・・・03-6455-6985

NEW

  • 美容室の前日予約の重要性とメリット!効果的なタイミングと事前準備

    query_builder 2024/06/18
  • 前髪カットだけでも満足感を得られる美容室の選び方と利用方法

    query_builder 2024/06/12
  • 美容室でのブリーチにかかる時間とは?カラーリングの流れとポイント

    query_builder 2024/06/06
  • 目黒区で見つける、理想の美容室!ヘアトリートメントの効果を最大限に引き出す方法

    query_builder 2024/05/30
  • 港区で見つけた! 美髪を叶える美容室のトリートメント効果と選び方

    query_builder 2024/05/24

CATEGORY

ARCHIVE