美容室でのパーマの所要時間とその影響について解説

query_builder 2024/04/30
ブログ
IMG_6209

パーマをかけるとき、美容室でどのくらいの時間がかかるのか、そしてその時間が長い理由や効果について知りたい方も多いでしょう。美容室でのパーマ施術は単に髪にウェーブを加える以上のことを行います。それぞれのパーマの種類によって異なる技術が要求されるため、所要時間も大きく変わってきます。 この時間には、髪の長さや厚み、希望するスタイルに応じて変動することがあります。


また、カットやカラーといった他の施術を同時に行う場合もあり、これが全体の所要時間に影響を及ぼすことも少なくありません。パーマの施術時間を理解することで、予定を立てやすくなるだけでなく、美容室での経験もより良いものになるでしょう。 このテキストでは、パーマの基本的な情報から、より具体的な施術の流れ、効果的な事前準備の方法まで、専門家の視点から段階的に解説していきます。

美容室ならSUN

SUNでは、ヘアメイク・ネイル・まつげまで各分野のスペシャリストが全身ケアをご提供いたします。高い技術力を持つスタイリストがカット・カラー・パーマ・縮毛矯正など数あるメニューの中からお客様の髪のお悩みに合わせたヘアスタイルをご提案いたします。心地よいアロマの香りがする植物性オイルを使用したヘッドスパで心も体もリラックスさせる特別な体験をご提供いたします。上質なプライベート空間で、都会の喧騒を忘れさせるようなゆったりとした時間をお過ごしください。

SUN
店名 SUN
住所 〒108-0071東京都港区白金台5-13-14 白金台THE1000アネックス
電話 03-6455-6985

白金台店へ予約恵比寿店へ予約

はじめに

パーマをかける際の美容室での一般的な時間の目安

パーマをかける際の美容室での一般的な時間の目安についてお話しします。パーマの施術時間は多くの要因によって異なりますが、一般的には約1時間から3時間程度が必要です。これは使用するパーマの種類、施術者の技術レベル、そして顧客の髪の状態や長さに依存します。一番一般的なパーマであれば、通常、準備から仕上げまで約2~3時間ほど見ておくと良いでしょう。 パーマの施術プロセスはまず、髪を洗い、適切な薬剤を塗布することから始まります。この段階では、髪の状態を確認しながら最適な薬剤を選定することが重要です。


薬剤の塗布後、髪にローラーやロッドを使ってカールを形成します。このとき、髪の長さや希望するカールの大きさに応じてローラーやロッドのサイズを選ぶ必要があります。カールを形成した後は、再び薬剤を髪に塗布してカールを固定します。 パーマの種類には、コールドパーマ、ホットパーマ、デジタルパーマなどがあり、それぞれに必要な時間が異なります。


たとえば、デジタルパーマはホットパーマの一種で、熱を加えることでより自然で柔らかいカールを長持ちさせる効果がありますが、この方法ではセットアップに時間がかかることがあります。 施術が終わった後は、髪を丁寧に洗い流し、トリートメントを施してカールの持ちと髪の健康を保つための仕上げを行います。この仕上げの段階では、髪の状態を見ながら最終的なスタイリングを調整します。


美容師は顧客の希望するスタイルを実現するために、カールの定着を確認し、必要に応じてスタイリングのアドバイスを行います。 美容室でのパーマ施術はただ髪をカールさせるだけではなく、髪の健康を維持しながら希望する美しいスタイルを実現するための技術と知識が求められます。そのため、施術時間はあくまで目安であり、個々の髪の状態や希望するスタイルによって前後することを理解しておくことが大切です。


パーマの時間が長くなる理由

パーマの施術時間が長くなる理由には、さまざまな要因が関係しています。まず、顧客の髪の長さや髪質、そして求めるスタイルによって、施術に必要な時間は大きく異なります。例えば、長い髪や特にくせ毛の強い髪は、適切な形状を作るためにより多くの時間と注意が必要になるため、施術時間が長引くことがあります。 加えて、パーマの種類によっても時間が異なります。例えば、デジタルパーマやホットパーマのような熱を利用する技術は、髪に熱を均一にかけるための設定や、熱が髪に浸透するまでの待ち時間が必要です。


これらのプロセスには細心の注意を払いながら丁寧に行う必要があるため、時間が長くかかります。 さらに、パーマの施術では、髪の毛一本一本に均等に薬剤を塗布し、髪の状態を確認しながら処理を進める必要があります。この作業は非常に繊細で、美容師の技術と経験が求められるため、髪の量が多い場合や希望するカールの細かさによっては、時間がかかることが一般的です。


また、カットやカラーといった他のヘアサービスを同時に行う場合も、全体の所要時間が長くなります。これらのサービスを組み合わせることで、より洗練された仕上がりを目指すことができますが、それぞれのプロセスに丁寧に時間をかける必要があるためです。 美容師としては、パーマの施術において顧客が求める最終的なスタイルを実現するためには、時間を惜しまず、各工程を慎重に行うことが必須です。


そのため、施術時間が予想よりも延長することも珍しくなく、これは質の高いサービスを提供する上での必要不可欠な部分とされています。顧客にとって美容室での時間はリラックスした贅沢な時間となるべきであり、美容師はその期待に応えるためにも、丁寧な施術を心がけています。


パーマの基本と所要時間

パーマの種類とそれぞれの特徴(デジタルパーマ、コールドパーマなど)

パーマの施術には様々な種類が存在し、それぞれに独特の特徴と美的効果があります。これらの違いを理解することは、顧客が自分の理想とするスタイルを実現するために非常に重要です。主なパーマの種類には、コールドパーマ、ホットパーマ、デジタルパーマがありますが、それぞれの技術は特定のニーズに応じて異なる効果をもたらします。 コールドパーマはもっとも一般的なタイプで、室温で化学薬品を使用して髪にカールをつけます。この方法は、比較的自然なウェーブを作ることができ、スタイリングの自由度が高いことが特徴です。


髪の基本的なテクスチャを活かしながら、柔らかく自然なカールを得ることが可能です。 ホットパーマは、熱を加えることで髪の形状を変える技術です。特に、しっかりとしたカールを長持ちさせたい場合や、髪に弾力を加えたい場合に適しています。熱を利用することで、髪の内部構造を効率的に変化させることができ、結果としてカールが定着しやすくなります。


デジタルパーマは最新技術を用いた方法で、熱を加えることで、非常に精密なカールを作り出すことができます。このタイプのパーマは、特に大きなカールや波形のスタイルを望む場合に適しており、熱を均一に分配することで、髪へのダメージを最小限に抑えつつ、長持ちするカールを実現します。 これらのパーマの技術は、それぞれ顧客の髪質や希望するスタイルに応じて選ばれます。コールドパーマはより自然なルックを求める人に、ホットパーマはしっかりとしたカールを長持ちさせたい人に、デジタルパーマは精密なスタイリングを望む人に最適です。


美容師は顧客の髪の健康を考慮しながら、最も適したパーマ方法を提案し、それぞれの技術の特徴を活かして顧客のなりたい自分を実現する手助けをします。美容室でのパーマ施術は単なるカール作りではなく、一人一人の個性とライフスタイルに合わせたトータルビューティーを追求するプロセスです。


各パーマの施術にかかる平均的な時間とその過程

パーマの施術にかかる時間とそのプロセスは、施術の種類によって異なりますが、一般的な流れには共通点があります。このプロセスを通じて、顧客が望む髪型を実現するために、美容師は細心の注意を払いながら作業を進めます。 施術はまず、髪の洗浄から始まります。これは、髪と頭皮を清潔にし、薬剤が均一に髪に浸透するようにするためです。次に、髪の状態を詳細に分析し、顧客の髪質、長さ、そして希望するカールのタイプに最適なパーマ液を選びます。


ここで選ばれる薬剤の種類や処理方法が、最終的な結果に大きく影響します。 髪に薬剤を塗布した後、美容師は髪を特定の形にセットします。このとき使用するローラーやロッドの大きさは、望むカールの強さや形状に応じて選ばれます。ローラーやロッドを髪に巻いた後、薬剤の反応時間を正確に計ります。この時間は、使用する薬剤の種類や髪の状態によって異なり、一般的には数十分間です。


この期間が適切でないと、髪が傷んだり、望むスタイルが得られなかったりするため、非常に重要なステップです。 反応時間の後、髪は丁寧に洗い流され、必要に応じて中和剤を使用して薬剤の作用を停止します。その後、トリートメントを施し、髪を保護するための栄養を与えます。このトリートメントは、髪の健康を保ちながら美しいカールを長持ちさせるために不可欠です。 最終的に、髪は乾かされ、美容師によってスタイリングされます。このステップでは、顧客の顔型やファッションスタイルに合わせて、髪型が調整されます。


完全なスタイリング後、顧客はその新しいルックを確認し、美容師は仕上がりについてのアドバイスを提供します。このアドバイスには、日常的なケア方法やスタイリングのヒントが含まれ、顧客がサロン外でもそのスタイルを維持できるように支援します。 このように、パーマの施術は単に髪にカールを加えること以上のものです。それは顧客の個性と美しさを引き出すための綿密なプロセスであり、そのためには美容師の技術と献身が必要とされます。


時間が長くなる主な理由

髪の長さや厚み、希望するスタイルによる時間の違い

パーマをかける際、髪の長さや厚み、そして顧客が希望するスタイルが施術時間に影響を与えることは、美容室でのパーマ施術において非常に重要な要素です。美容師がこれらの要素を考慮に入れる理由は、それぞれが薬剤の量や作用時間、さらには必要な技術的手法に直接関わってくるからです。 髪の長さが長いほど、ローラーやロッドを使用してカールを作るのに時間がかかります。


また、長い髪は薬剤を塗布する面積も広くなるため、薬剤の量も自然と多く必要となり、その分、薬剤の浸透と反応にも時間を要します。さらに、長い髪を均等に扱い、希望するスタイルに整えるためには高度な技術と注意が必要とされ、これが全体の施術時間を延ばす要因となります。 一方で、髪の厚みもまた、パーマの施術時間に大きな影響を与えます。髪が太いまたは量が多い場合、それぞれの髪の毛に薬剤を均等に行き渡らせることが難しくなります。


これにより、薬剤の塗布時間だけでなく、髪にローラーやロッドを適切に配置する作業にもより多くの時間が必要となり、結果的に全体の施術時間が長くなるのです。 顧客が希望するスタイルの複雑さも施術時間に影響します。繊細なウェーブや特定の方向へのカールなど、細かいスタイル指定がある場合は、その精度を達成するために美容師はより慎重な作業を行わなければなりません。


このようなスタイルは、単純な全体的なウェーブを作るよりも時間がかかることが一般的です。 これらの要因を考慮することで、美容師は顧客により正確な施術時間の見積もりを提供できます。また、これにより顧客は美容室での滞在時間を計画しやすくなり、施術に対する満足度も向上することでしょう。美容師としては、これらの変数を理解し、それに応じて最適な施術計画を立てることが、質の高いサービスを提供する上での鍵となります。


カットやカラーを同時に行う場合の時間加算について

美容室でパーマを施術する際に、カットやカラーを同時に行うことは、時間計画において考慮すべき重要な要素です。これらの追加のサービスは、施術全体の時間を延長させるものの、計画的に行えば、顧客の時間を効率的に利用し、一度の訪問で複数のニーズに応えることが可能です。 まず、カットをする場合、パーマ前に行うのが一般的です。これは、カットによって髪の長さや量が変わるため、その後のパーマのかかり方に直接影響するからです。


カット自体は通常、30分から1時間程度かかりますが、これは髪の長さやスタイルの複雑さによって異なります。カット後、髪はパーマの前処理として洗髪され、その後パーマの施術に移ります。 カラーを行う場合の時間計算も重要です。カラーはパーマと同様に髪に化学薬品を用いるため、どのように組み合わせるかによって髪の健康を保つ上で大きな違いが生じます。カラーを先に行う場合、カラーのための待ち時間が必要となり、その後髪を洗い、パーマの施術に進みます。


この場合、カラーの化学薬品が髪に残っていることがパーマの薬剤の反応に影響を与えることがあります。そのため、美容師は薬剤の選定や施術法に特に注意を払います。 一方で、パーマ後にカラーを施す場合は、パーマの薬剤が十分に髪から洗い流された後、カラーの施術に移ります。この順序で施術を行う場合、パーマで髪の内部構造が変わっているため、カラーの薬剤が予想外の反応を示すことがあり、これには専門的な知識が必要です。


カットやカラーをパーマと同時に行うことは、全体の施術時間を合理的に延長させるものですが、一度のサロン訪問で複数のヘアニーズを満たすことができるため、多忙な顧客にとっては大きなメリットとなります。ただし、これらの施術を組み合わせる際には、髪への負担を最小限に抑え、最良の結果を得るために、美容師の技術と経験が非常に重要です。それぞれの施術が髪に与える影響を理解し、適切な順序と技術で施術を行うことが、顧客の満足度を高める鍵となります。


効果的なパーマを受けるための事前準備

パーマ前のヘアケアとシャンプーの重要性

パーマを施す前のヘアケアとシャンプーは、理想的なカールを得るために欠かせない準備段階です。髪の状態が施術の結果に直接影響するため、パーマをかける前に適切なヘアケアを行うことが重要です。これにより、髪が薬剤を均一に受け入れやすくなり、希望通りのスタイルを長持ちさせることができます。


まず、シャンプーの役割についてですが、パーマ前に髪を洗うことは、髪と頭皮の汚れや油分を除去し、髪をパーマの薬剤が作用しやすい状態に整えます。通常、パーマの施術前には特に、軽くて洗浄力の高いシャンプーを使用し、コンディショナーの使用は避けることが多いです。コンディショナーが髪に残ると、薬剤が髪にしっかりと浸透しない場合があるからです。このため、パーマ当日は髪を清潔に保ちつつ、過剰な製品の使用を控えることが望ましいとされています。


加えて、パーマ施術の数日前から積極的なヘアケアを始めることも重要です。これには、保湿成分や栄養を含むヘアトリートメントを定期的に使うことが含まれます。特に、髪が乾燥している場合や、以前から化学的処理を受けている髪は、施術前にしっかりと栄養を与えておくことが重要です。髪が健康であればあるほど、パーマの薬剤は効果的に作用し、美しいカールを作り出すことができます。 また、パーマ前のヘアケアでは、スカルプケアも見逃せません。健康な頭皮環境は、髪の成長と質に直結しています。


頭皮のマッサージを行うことで血流を促進し、栄養が毛根に行き渡るのを助けることができます。これにより、髪がより強く、パーマの薬剤に対しても強い抵抗力を持つことができるのです。 このように、パーマを施す前の適切なシャンプーとヘアケアは、髪と頭皮を最適な状態に保ち、理想的なパーマ結果を得るために不可欠です。美容師としては、顧客にこれらの重要性を理解してもらい、施術前の準備を適切に行ってもらうことが、顧客の満足度を高めるためにも重要な役割を果たします。


事前予約と当日の流れ、準備に必要な情報

パーマを希望する際には、事前の予約と当日の流れをスムーズに進めるための準備が非常に重要です。美容室での予約システムは、顧客と美容師双方にとって計画的で効率的なスケジュールを提供します。予約をすることで、美容師は施術に必要な材料や時間を適切に準備でき、顧客は待ち時間なくサービスを受けることが可能となります。 予約をする際には、顧客はいくつかの重要な情報を提供する必要があります。これには、希望するパーマの種類、髪の長さや状態、過去のヘアケア履歴や以前に受けたパーマの種類などが含まれます。


また、アレルギーや過敏症の有無についても事前に伝えることが望ましいです。これらの情報は、美容師が使用する薬剤や施術方法を決定する上で非常に重要です。顧客の安全と満足を確保するためには、これらの詳細を正確に把握し、適切な準備を行うことが必要です。 予約日当日の流れについては、まずは受付で確認を行い、顧客が提供した情報に基づいて最終的な施術プランを確認します。


これには、顧客の髪の状態を見極めるためのブリーフィングが含まれることがあります。その後、美容師は髪を丁寧に洗い、施術に適した状態にします。この洗髪は、パーマ薬剤の均一な塗布を助けるため、非常に重要です。洗髪後、実際のパーマ施術が開始され、必要に応じてカットや他のヘアトリートメントが行われます。 施術後は、美容師が顧客に髪のスタイリングとケアの方法を指導します。これには、パーマを長持ちさせるための日常的なヘアケアのアドバイスが含まれ、顧客が自宅でのケアを適切に行えるようにサポートします。


また、次回の予約を促すこともあり、これにより髪の状態を定期的に管理し、美しさを維持することが可能です。 このように、事前予約から当日の施術、アフターケアまでのプロセスは、顧客と美容師が協力して取り組むことで、最高の結果を得るための重要なステップです。顧客が提供する情報の正確さと詳細さが、施術の成功に直結しており、これが双方にとって最善の結果を導く鍵となります。


美容師からのアドバイス

パーマが取れてしまう、その原因とは

パーマが取れてしまう原因は多岐にわたりますが、主に化学的な反応や物理的なストレスが関与しています。これらの要因を理解することで、パーマの持続性を高め、髪を健康に保つための対策を講じることができます。 パーマは髪の内部構造に変化を与える化学反応を利用しています。このプロセスで髪のキューティクルが開き、薬剤が髪の内部に浸透して形を変えるため、その後のケアが不十分だと髪が元の状態に戻ろうとする力に影響されやすくなります。


特に、パーマ直後に適切なアフターケアが行われない場合、髪は薬剤の影響で受けたダメージから回復できず、カールが取れやすくなってしまいます。 また、日常生活での髪への扱いもパーマの持続に大きく影響します。たとえば、頻繁に熱を加えるヘアスタイリングツールの使用は、髪のタンパク質結合を弱め、カールを解放してしまう原因となります。熱いお湯での洗髪や、高温でのドライヤー使用も同様に、パーマのカールを弛緩させる可能性があります。 さらに、海水やプールの塩素など、外部からの化学物質が髪に触れることも、パーマを取れやすくする要因となります。


これらの化学物質は、パーマの薬剤と反応して髪の内部構造をさらに弱めることがあります。それだけでなく、強い日差しの下で長時間過ごすことによるUVダメージも、髪のタンパク質を破壊し、パーマのカールを維持するのを困難にします。 パーマの持続性を保つためには、これらの外部要因から髪を保護することが重要です。具体的には、熱から髪を守るために低温設定でのスタイリングツールの使用、または熱保護スプレーの活用、塩素や海水から髪を守るために水泳前にリーブインコンディショナーを塗る、UVプロテクトスプレーを使用するなどが効果的です。


これに加えて、パーマ後のシャンプーは弱酸性またはパーマ用の製品を選び、髪の毛を優しく洗うことが勧められます。 最終的に、パーマのカールを長持ちさせるためには、これらのケア方法を継続的に行い、日々の髪の扱い方に注意を払うことが不可欠です。適切なヘアケアを心がけることで、美しいカールを保ち、髪の健康も同時に守ることができます。


パーマの持続をより長く保つためのケア方法

パーマの美しさを維持し、その効果をできるだけ長く楽しむためには、適切なケアが必須です。こうしたケアは、パーマ後の髪の状態を保護し、髪の健康を長期間維持することを目的としています。パーマを長持ちさせるためには、日々の習慣や使用する製品の選択が重要となります。 パーマ後の髪は特に脆弱であり、過度の化学処理によってダメージを受けやすい状態です。


そのため、まずは洗髪において注意が必要です。シャンプーは、パーマ専用のものを選ぶことが理想的です。これらのシャンプーは、カールを支える成分を含みつつ、髪をやさしく洗い上げることができます。洗髪の際は、髪を摩擦から守るために、優しく指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗います。また、パーマ後の最初の24時間は髪を濡らさないようにし、薬剤が髪にしっかりと定着するのを待ちます。 パーマした髪のコンディショニングも重要です。髪に潤いを与えるために、保湿効果の高いコンディショナーやヘアトリートメントを定期的に使用します。


これらの製品は、乾燥や摩擦によるダメージから髪を保護し、カールを美しく保つのに役立ちます。特に、パーマのカールを支えるためには、水分と油分のバランスを適切に保つことが大切です。 パーマのカールを形作る際には、熱を使ったスタイリングツールの使用を控えることが推奨されます。熱は髪の水分を奪い、カールを弱める原因となります。どうしても使用する場合は、低温設定にし、必ず熱保護スプレーを使用することが重要です。また、ナイトケアとしては、シルクの枕カバーを使用することで、寝ている間の摩擦を減らし、カールの崩れを防ぐことができます。


日常的なヘアケアの中で、髪を束ねる際には、できるだけ緩やかに結び、ゴムやクリップは髪に優しい素材を選ぶことも大切です。これにより、髪の断裂やカールの崩れを防ぎながら、パーマのスタイルを長く楽しむことが可能となります。パーマの持続性を高めるためには、これらの日々のケアが重要であり、髪への優しさを心がけることが、美しいカールを保つ秘訣です。


専門家によるパーマの秘訣とカスタマイズの重要性

パーマを施す際に専門家が重視するのは、顧客一人ひとりの髪の質、形、生活スタイルに合わせたカスタマイズの重要性です。パーマの技術は多様で、それぞれの技術が異なるタイプのカールを生み出しますが、成功の鍵はどの技術をどの顧客に適用するかにあります。このように、顧客個々のニーズに応じたパーマのカスタマイズは、美容師の専門技術と経験を必要とするため、その過程には細心の注意が払われます。


美容師がパーマの施術を行う前には、顧客との丁寧なカウンセリングが欠かせません。この段階で、顧客の髪の健康状態、過去のヘアケア履歴、日常生活でのスタイリングの好み、そしてパーマに対する具体的な期待を把握します。こうした情報は、どのパーマ技術が顧客に最適かを判断する上で非常に重要となり、顧客の髪質や希望に最も適した薬剤の選定に役立ちます。 また、パーマの秘訣として専門家は髪の健康を最優先に考えます。健康でない髪に施されたパーマは、見た目の美しさを損なうだけでなく、髪のダメージをさらに進行させる可能性があります。


美容師は施術前に髪を十分に保湿し、栄養を与えるトリートメントを施すことが一般的です。これにより、髪が薬剤によるストレスに耐えられるようになり、パーマの持続性が向上します。 さらに、施術中の薬剤の適用方法にも工夫が見られます。髪の毛一本一本に均等に薬剤が行き渡るように丁寧に塗布することで、全体的に均一なカールが得られ、自然な仕上がりに寄与します。この技術は、美容師の熟練度を示す部分でもあり、施術の質を大きく左右します。 パーマ後のアフターケアの指導も、専門家による重要な業務の一つです。適切なホームケアが行われなければ、美しいカールはすぐに失われてしまいます。


美容師は顧客に対して、日々の髪の洗い方、乾かし方、そしてスタイリングの方法について詳しくアドバイスを行います。これにより、顧客自身でも髪の状態を良好に保ち、パーマの美しさを長く楽しむことができるようになります。 以上のように、パーマの施術はただ単にカールをつけること以上のものであり、顧客の髪の特性を理解し、それに最適な方法を選択し、丁寧に施術を行うことが必要です。そして、それを支える豊富な知識と経験が美容師には求められています。


まとめ

パーマを美しく保つためのケアとスタイリングは、日々の習慣と適切な製品の選択が鍵となります。パーマの魅力を最大限に引き出し、その効果を長持ちさせるためには、いくつかのポイントに注意を払うことが大切です。 まず、パーマ後のシャンプーは、薬剤が完全に髪に定着するまで24時間は避け、その後はパーマ用の穏やかなシャンプーを使用することが推奨されます。これにより、カールが解けるのを防ぎながら、髪を清潔に保つことができます。また、洗髪時は髪を優しく扱い、摩擦によるダメージを避けるために、髪を強くこすることなく指の腹でマッサージするようにしましょう。


コンディショナーやトリートメントは、特に髪の毛先にしっかりと適用し、カールを保護しながら必要な水分と栄養を補給します。保湿成分が豊富な製品を選ぶことで、髪の乾燥を防ぎ、カールが乱れるのを最小限に抑えることが可能です。 スタイリングには、過度な熱の使用を避け、可能な限り自然乾燥を利用します。熱を使う場合は、必ず低温設定で行い、熱保護スプレーを使用することで、髪へのダメージを抑えることができます。また、寝る前にはシルクやサテンの枕カバーを使うと、髪がこすれることなく、カールが維持されやすくなります。


日常のヘアケアでは、髪を束ねる際には緩めに結び、髪に優しい素材のヘアアクセサリーを使用することも大切です。これにより、髪への負担を減らし、パーマの持続性を高めることができます。 これらのケアと注意を心がけることで、パーマはその美しさを保ちながら、日々の生活の中で自然体で楽しむことができます。適切なケアとスタイリングにより、パーマの魅力を長く維持しましょう。

美容室ならSUN

SUNでは、ヘアメイク・ネイル・まつげまで各分野のスペシャリストが全身ケアをご提供いたします。高い技術力を持つスタイリストがカット・カラー・パーマ・縮毛矯正など数あるメニューの中からお客様の髪のお悩みに合わせたヘアスタイルをご提案いたします。心地よいアロマの香りがする植物性オイルを使用したヘッドスパで心も体もリラックスさせる特別な体験をご提供いたします。上質なプライベート空間で、都会の喧騒を忘れさせるようなゆったりとした時間をお過ごしください。

SUN
店名 SUN
住所 〒108-0071東京都港区白金台5-13-14 白金台THE1000アネックス
電話 03-6455-6985

白金台店へ予約恵比寿店へ予約

店舗概要

会社名・・・SUN

所在地・・・〒108-0071 東京都港区白金台5-13-14白金台THE1000アネックス

電話番号・・・03-6455-6985

NEW

  • 港区で見つけた! 美髪を叶える美容室のトリートメント効果と選び方

    query_builder 2024/05/24
  • 劇的ビフォーアフターが生む感動!美容室でのイメチェンがもたらす変化とその理由

    query_builder 2024/05/18
  • 結婚式の招待状が来たらチェック!美容室で叶えるおしゃれヘアセットガイド

    query_builder 2024/05/12
  • 美容室の選び方: あなたに合ったサロンを見つけるためのポイント

    query_builder 2024/05/06
  • 美容室でのパーマの所要時間とその影響について解説

    query_builder 2024/04/30

CATEGORY

ARCHIVE